【ニーズ別】不動産売却で おすすめの仲介会社

仲介会社選びから基礎知識まで、千葉の不動産売却ガイド

あなたのニーズに合わせた
おすすめの仲介会社をチェック

セカンドブリュー

千葉の不動産売却をサポートしてくれるセカンドブリューについて解説しています。

セカンドブリューの実力は?

セカンドブリューのサイトキャプチャ
http://www.s-brew.co.jp/lp/

東京・恵比寿に本拠を置き、1都3県をメインエリアとする不動産仲介会社であるセカンドブリューは「高く×収益」の不動産売却ニーズを満たしてくれます。

その大きな特色は一棟マンションや一棟アパートなど、投資・収益物件の取扱いに特化した業者であること。そして、収益物件のスペシャリストとして実績を重ねることによって、投資家のリピート率を高めて多くの優良投資家を集めていることから、比較的高値での物件取引ができているということです。

それを可能にしているのは、申し込みから販売までの間、他社を挟まずに自社だけで完結できるから。売り手・買い手双方の希望を徹底的にヒアリングすることで、お互いが納得できる結果を生み出せています。

また、不動産業者の多くに見られる「囲い込み」をしない点も大きな特徴。不動産会社は売り手や買い手から仲介手数料を受け取ることで利益を生んでいるため、中には双方から仲介手数料を受け取るために恣意的に物件情報を隠す業者もいることが昨今、問題になっています。

セカンドブリューではそのようなアンフェアな行為は行わず、依頼者の利益になると判断したら、他社にも積極的に情報を提供しているのだとか。多くの人の目に触れることで、その物件の魅力と価値が釣り合うと判断した人を逃がさない工夫がされているということです。

さらに、不動産を売却したいという人の中には、物件を売却していることを公にしたくない人もいます。そういった人の物件であっても、優良投資家に内々にアプローチすることで、スムーズな不動産取引を実現しているのです。

そしてもうひとつ。セカンドブリューが高い販売力を持っている理由として、各種金融機関との交渉ノウハウの蓄積や独自の融資ルートを確立している点です。

不動産を購入する場合は、ごく少数の資産家であっても金融機関からの融資を受けるのが一般的。ですが、住宅用ローンとは違い、収益物件の購入をサポートする金融商品は非常に少なく、また、積極的に融資してくれる金融機関も多くはないのです。

そのため審査に時間がかかり、最終的には不受理となって解約してしまうことも珍しくありません。その点、セカンドブリューでは独自のパイプ・ノウハウにより、通常では難しい融資案件も締結できるように交渉・サポートしてくれるので、高い販売力を実現できているのです。

この販売力の高さこそが収益物件を売りたい方にとって「高く売れる」というメリットを提供できる原動力になっています。

これまでの売却事例

千葉市内で駅徒歩5分、大学生需要も見込める鉄骨造りのマンション

  • 買い手は20代の男性会社員
  • 遠隔地に住んでいるので購入の相談から決済までをほぼお任せ
  • 複数の金融機関に打診し、希望通りの条件を引き出せたとのこと

柏市のRC造、ファミリー向けマンション

  • 買い手は50代の男性
  • 元々市内に1棟の物件を所有しており、似たような物件を探していた
  • 取引額2億8,500万円に対し、融資額は2億5,700万円

大規模修繕済み、安定経営が見込める1棟アパート

  • 買い手は20代の男性会社員
  • 近隣エリアが再開発され、入居のニーズが高まると予想される
  • 空室もしっかりリフォームされていて、突発的な出費の心配が少ない

セカンドブリューの他に、ニーズにマッチした
千葉県の不動産売却をサポートする会社をピックアップしました

会社DATA

社名 株式会社セカンドブリュー
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-3-7 隅越ビル4F
定休日 水曜
このサイトで紹介している情報は、WEBサイトや書籍などで公開されている情報をもとに個人的にまとめたものです。各仲介会社の商品やサービスについては、各社の公式サイトで確認してください。
先頭のページへ ▲