【ニーズ別】不動産売却で おすすめの仲介会社

仲介会社選びから基礎知識まで、千葉の不動産売却ガイド

あなたのニーズに合わせた
おすすめの仲介会社をチェック
千葉の不動産売却徹底ガイド HOME  » ある日不動産を相続したら… » 相続した不動産を売却した人の声

相続した不動産を売却した人の声

ある日突然、土地を相続してその土地を売却した人たちの声を紹介します。

相続不動産を売却した人たちの声

不動産売却に限ったことではありませんが、何事も実際の体験者の方々の声は、何かしらのヒントや参考になる知識を与えてくれるもの。ここでは3例をピックアップしてみました。

売却経験者の声3人の共同名義だった物件を売却

元々は父親とその兄弟の共同名義で運営していたという賃貸物件。建物自体のローンは完済していたものの、1Fに入居していた小売店が退去して、空室が長く続いていたとのこと。

そんな最中、共同の名義人が相次いで亡くなり、それぞれの息子さんに共同名義のままスライド。そうした特別な事情故に、次の世代に相続するのは困難との考えに至り、売却しようとなったとのこと。

名義を相続した3人がそれぞれ別の地域で生活しており、相談や進展の度に集まらなければならなかったそうですが、依頼した不動産業者に仲介してもらった買主とスムーズに話しがまとまり、半年で売却に成功しています。

売却経験者の声母親の死去に伴い、土地建物を売却

高齢の母親が住んでいた一戸建てと土地を売却したというケース。木造で築48年と古いことから建物にほぼ価値はなく、法定相続人が複数人いたため、いち早く現金化して公平に分配したいという願いもあったそうです。

当初の見積りでは、土地そのものの価格はほぼ相場通りだったものの、解体費用が予想より高くつくとのこと。不動産業者と相談してみると、建物は解体せずにそのまま買い取ってくれる買主を探した方が、早く売却できるとアドバイスを受けました。

その方法で依頼してみると3ヶ月で買主が見つかり契約。売却価格も相場よりやや低い程度で納得できるレベル。なにより早く解決したかったので、有難かったとのことです。

売却経験者の声兄弟の海外赴任が迫っていて…

こちらも亡くなった親が所有していた物件の売却事例。たまたま、相続人の一人に海外赴任が迫っており、任地へ行く前にすべて解決して、余計な心配なく新天地に向かわせたいという状況だったそうです。

内容は土地と建物、および未利用の空き地。最初に相談した業者は、対応もおざなりで小馬鹿にしたように接してくる業者だったため即やめたとのこと。

一方、最終的に依頼することになる業者には、親身にプロとしての助言をもらえたそうです。こうした事情もあり価格には大きなこだわりがなかったそうですが、ほぼ相場通りの額で取引ができたため満足できたそうです。

このサイトで紹介している情報は、WEBサイトや書籍などで公開されている情報をもとに個人的にまとめたものです。各仲介会社の商品やサービスについては、各社の公式サイトで確認してください。
先頭のページへ ▲